顎関節症の見分け方の簡単な検査方法

まず初めにこのような症状を持っている人がご婦人でしたら、ご主人にでも助けてもらいご主人に検者になってもらいます。

  1. 被検者であるご婦人は右手(ききて)の親指と人さし指の両方の指先を合わせてOリングの形を作ります。
  2. 検者であるご主人は被検者に向かいます。
  3. 検者は自分の右手の一差し指を図に示してあるように被験者の親指の上にかけます。
  4. 検者は自分の左手の人差し指を図に示してあるように被験者の人差し指の上にかけます。
  5. 1,2,3の号令と共に被験者はOリングにした親指を人差し指に力を一杯いれて療法の指先を合わせます。
  6. 検者は被検者のOリングの指の上にかけた左右の人さし指に力を入れて、Oリングの形になっている親指と人さし指を引き離そうとします。約3秒間、検者、被検者はお互いに力を入れ続けます。一般的に考えて、検者であるご主人の方が力があり、被検者であるご婦人の方が力が弱いので、ご婦人の指で作られたOリングは開きそうに思うのですが、特別に頚椎の異常がない限り、被検者のOリングは開きません。
  7. 被検者は自分の左手人さし指を自分の口の中に入れて右の上下の奥歯でその人さし指を軽く噛んでください。(この状態を維持しながら)
  8. 検者と被検者は、先ほど実験した時と同じ要領で号令をかけ、1,2,3の号令と共に、お互いに同時に被検者はOリングの形になっている指先に力を一杯に入れ、検者はその被検者のOリングの指を引き離そうと自分の左右の人さし指に力を一杯入れます。

この検査法はOリングテストと言い、カイロプラクティックの1つの流派であるアプライドキネシオロジーの理論から発想を展開し開発したテスト法で、ニューヨーク心臓病研究所所長の大村恵昭教授が昭和58年に日本で発表したテスト法で、信頼性の高い検査法としてカイロプラクターや鍼灸師、医師、歯科医師、その他の治療師などに用いられているテスト法です。

Oリングが開いた人は顎関節症の疑いがありますので、当院での治療をお勧めいたします。

通院ガイド(初診時の準備/診療料金/交通案内

診療の予約

当院は予約制をとっております。治療の予約はご都合に合わせて次の3つ予約が可能です。
★効果を早めに出すためには早期回復3日・6日コースをお勧めします。

インターネットで
予約
毎日24時間受付可能です。
こちらからどうぞ。
お電話での予約
048-263-7500
平日=午前9:00~13:00/
午後15:00~19:00
土曜=午前9:00~13:00/
午後15:00~18:00
日曜・祝日は休みです。
窓口で予約
来院時に受付にて お申し出ください。

★初診時に準備するもの

  • ●レントゲン (お持ちであれば、参考に拝見しますので、お持ち下さい)
  • ●MRI (お持ちであれば、参考に拝見しますので、お持ち下さい)
  • ●コルセット (現在お使いのものがあればお持ち下さい。)
  • ●保険証(レントゲン撮影の際、必要になります。
※正確な判断をするために初回日は出来るだけ薬や痛み止め等は、服用せずにご来院下さい。詳しくは電話で問い合わせ下さい。

診療料金

初めての患者さんへ

椎間板ヘルニア・逆流性食道炎・顎関節症・ぎっくり腰・慢性疾患・内科的疾患等の カイロプラクティックの施術は、全額自由診療(自費治療)となります。

  • 1つの疾患に対する『料金』は初回10,800円となります。
  • 2回目以降6,480円となります。
  • 2つの疾患を同時に施術する場合、別に1,080円の加算となります。

遠方の方へ

※当院の治療法は、高度な技術を必要とする独自の治療法です。まだ伝授者がいない為、他院を紹介する事が出来ません。恐れ入りますが遠方でも御来院下さい。遠方から来られる方には、手ごろな宿泊所をご紹介します。

交通案内・駐車場

住所:埼玉県川口市南前川2-11-17 電話:048-263-7500

※カーナビをご使用の際は住所でご指定ください。電話番号では間違える可能性があります。